ワクワクメール 年下 体験談

出会い系サイトでのセフレ募集は今回初めてで、ワクワクメールのアダルトを使ってタイプだった彼に何人か誘いをかけてみたんです。

彼氏はいるので、もちろん割り切り、アドレス交換ナシ、現地集合現地解散なのでワクメのメールだけで会うことができました。
彼はともき君、23歳、私よりも5歳も年下、一度でいいから年下の男子とエッチしてみたかったんです。

年上の彼氏しかできない私。ワクワクメールでやんちゃ系年下男子と出会う

いつも私は15歳くらい年上の彼氏しかできないんです。
初めての時から40歳だったし、今も42歳。

結婚考えてはいますが、初老のおじさんの相手ばっかしててなんかこのまま終わっていくのかなって気持ちで利用したんです。

変ですか?

でもともき君は逆に年上好きでワクワクメールだからこそ出会えたって感じのやんちゃ系の男の子でした。

待ちあわせからホテルまでの時間はたった数分。
ホテル街までの道のりで普通にいちゃいちゃ、普通にカップルにしか見えないよね~なんていいながら部屋を選んでチェックインしました。

若い男の子と、痴漢プレイを見ながらのいちゃいちゃ

慣れた感じで先にシャワーを浴びエロビデオ見ながら私のことを待っていて、「こういうのされたことある?」って痴漢プレイを見せられながらガウンを脱がされ乳首をいきなり吸われました。

車通勤だから、なんてまじめに答えていると、テレビの中から電車内でほぼ裸にされて乳首を吸われている女性の喘ぎ声が大きく聞こえてきました。
私まで気持ちよくなってきてしまい、ただ乳首を吸われただけなのに下半身がきゅんと動いてしまい、「おっと腰が俺を欲しがっている(笑)」と中に指を入れてきたんです。

恥ずかしかったけどほんとに気持ちよくて、あん、だめなんて言いながらも早く、って思いながら彼のガウンも脱がせにかかりました。

やっぱり、若い男性の体っていいですね。

スポーツマンが好きでテレビでもよく見ていたんですが、ともき君はそこまでマッチョでもなかったけどそれでも彼氏と比べると体がきれいで張りもあって、思わず自分から抱きついて感触を味わいながらベロチューしました。

大胆~って笑われながらも止められず、彼に抱っこされるみたいに抱きついてちゅうちゅう彼の唇を吸っていると、下半身がむくむくと盛り上がってきて太ももに当たります。

若いオチンチンをぱくぱく

ワクワクメール オチンチン 若い

おちんちんも若さってあるんですね、びっくりしました。
アラフォーのモノが普通だと思っていたので、立ち上がり方がまず違っていてすっごく沿っているんです。

触ってみるとかっちかちで、親指と人差し指では回り切らず、おっき、、とつぶやくと、そんなでもないけど?ってまた乳首を吸われて押し倒されました。

私も彼のおちんちんを離さなかったので、丸まったようなおかしな体制になってしまいました。

「そんなに好きならパクパクして」って仰向けに大の字になってしまい、私は下半身にうずくまるようにして彼のおちんちんを観察、え~ほんとにかちかちで元気いっぱい、すっごい良さそうなんて興奮しながら両手と口を使ってぱくぱくしてあげました。

多分うまいと思います。

年下の、奥までとどくおちんちんを味わう

年下チンポ 体験談

ともき君もさっきまでの余裕がなくなったのか、おとなしくなって小さい声で「ん、あ、、、ん、、、」と悶えるのみ、きっと私がこんなにうまいとは思ってなかったんだと思います。

だって私、年上彼氏で揉まれまくってきたんですよ。
そんな見くびってもらっちゃ困ります。

「どうする?もう先っぽからとうめいなやつ出てきちゃっているけどまだしてもいい?」って聞くと、だめ、もう入れたいから、って起き上がってきてまた抱っこしてくれて、「まじか、、すげ~」って今度は甘えるように抱きついてきて、腰を擦り付けてきました。

かわいい、、、私は彼に跨るようにして自分から腰を沈めていき、彼の頭を胸で抱え込むみたいにしてゆすってあげました。

「ああ、ん、すげ~めっちゃいい、、」胸に顔を挟まれてともき君がくぐもった声でいいながら下から突くようにして押し上げてきます。

私もここからはもう彼の力に身を任せるつもりで大きくて固いアレを全身で感じることにしたんです。

やっぱ力があるので、奥まですっごく届くんです。「気持ちいい、すごい奥まで入ってる、、すっごい良すぎるの」と肩に腕を回して耳元で言うと、おっさんと比べんのやめてよ、とさらに動くを激しくしていて、もう突き動かされるのについて行くのに必死でした。

ロデオに乗っているみたいにぽんぽんとはじかれながら、絶対に抜きたくなくって、腰を沈めながら彼にしがみつきました。

ほんとに子宮が押されて痛みを感じるほどに入ってきて、おっきいよ、だめだめ、痛くなってきたの、って言ったら、「なに?マジで言ってんの?おっさんヤバくない?俺めっちゃ普通だし」ってコロンと体位を変えられてまたググっと入ってきて、や~んもうほんとに奥まで当たるから~って言ったら、そう?そんなすごい?俺も結構ヤバくなってきてるけど、、って言って、また繰り返し。

特に最後の正常位での足を高く持ち上げられたときには、全身に電気がきたみたいのが背中にかけて走ったんです。
くるくる~すごい、あ、ああ、、、って私もよだれ出てしまうくらいイッてしまいました。

こんなのはじめてだよ、と言うと、ともき君は満足そうにしていて、おっさんとばっかやってんじゃだめだなだって。
生意気。

ホテル出ると「じゃ、こっちだから!」って手を振って帰って行っておしまい。
私、あれ以降、ときどき若い子とセックスしたいのを抑えるのに必死な毎日です。


今回利用した出会い系アプリ:ワクワクメールを詳しく見てみる