恋愛は高校時代以来。ハッピーメールへ

ハッピーメール 恋愛 体験談

初めまして。
俺は27歳の製造業で会社員をしている男です。

最後に付き合ったのは高校生の頃で、社内恋愛出来るなら何とかなりそうかと期待を抱いてたものの、男臭い職場だったので当然女性も居ません。

だったら同級生を!と思っていたら彼氏持ちが殆どで気になっていた女性とも付き合わず終わってしまっていた状況でした。

そこから付き合う事もしないまま数年が経つと次は結婚ラッシュが始まってしまい、更に俺自身は置いて行かれる様な状態に。

『これは本当にヤバいパターンじゃないか!?』そう焦った俺は縋る思いで出会い系の『ハッピーメール』を利用し始める事にしました。

出会い系サイトは出会えない!?

元々の出会い系サイトへの印象があまり良くない状態で、『どうせ会えずにお金払うだけだろ?』なんて思っていました。

実際に登録すると本人確認と電話番号登録で無料ポイントが付いて来たのでラッキー!と手当たり次第に女性へアポを取れば瞬時にポイントを使い切ってしまいました。

そこで初めて『何て無駄な事をしてしまったんだ!』と反省。
体験者の口コミを見ながら、資本金として5000円分のポイントを購入しつつ、プロフィールや写真でもしっかり判断する事を意識して再度利用し始めました。

基本的には気になった女性に足跡を付けて反応を見る様にして、足跡を返してくれた女性を中心にやり取りをする様にしました。
また、話を続かせる為にも趣味が少しでも近い女性を更に絞ってみてアタック開始。

最初は殆ど塩対応で出会えるなんて言葉も出ませんでしたが、脈ナシ女性とは数通で切る様にしながらも1ヶ月近くは見極める時間を費やしました。

やり取りが続く女性発見!27歳とお酒の話からLINE交換・電話

10数人近くとやり取りしてやっとやり取りが楽に続く女性を見つける事が出来ました。
相手の女性は27歳で若干化粧が濃い目の写真でしたが、受付嬢の仕事をしており、お酒が好きだと言う事でお酒の話を中心にやり取りを続けました。

住んでいる場所も近いので最初のタイミングでLINE交換を申し込むとNG。
これは手強いな?と感じながらも警戒心を崩す様に更にやり取りを続けました。

1週間程サイト内で続けた後に3回目のLINE交換を申し込むと折れてくれたのかOKを頂く事に成功!
LINEに移って電話をする事になりました。

メールでのやり取りとは違って初めて聞く声は少しハスキーで、明るい感じで『初めまして!』。

そこだけでも結構キュンと来てしまいましたが、気を抜かずにお酒の話からどの辺りで飲んだりするのか?誘う為の口実作りに情報を集める事にしました。
女性が普段呑みに行く場所が職場から近いので『一回一緒に呑もうよ!』とアプローチ。

『え??いきなり?』と笑いながらも少し戸惑う女性を『大丈夫だって!』と押して、結局会って呑む事になりました。
若干チャラ男の様な部分も出ていたと思います。

ホットパンツのエロ女と居酒屋へ



実際に会う当日、待ち合わせの駅前で待っていると電話が掛かって来ました。
『今どの辺りに居る?』『噴水前だよ?』『あっ、居た!』とやり取りが続いて合流。

ホットパンツでかなり際どい服装に俺自身のアソコはビンビンになってしまいましたが、気持ちを抑えて近くの居酒屋へ向かいました。

実際に店内へ入って、注文した料理が揃ってから乾杯。
恋愛経験が高校時代で止まってしまっていたので、目線が女性の胸元に行かない様にするので必死でした。

お酒が回り始めると『お兄さん、経験少ないでしょ??良いよ、見せてあげる』と笑いながらもチラ見させられました。
女性も酔っていた様で恥じらいが取れたのか、からかう様に見せてはボディータッチをして来ました。

こちらも負けじとお酒を呑んで恥じらい捨てて、ボディータッチを増やしたり顔元に近付いたりと、対抗してみました。
エロい雰囲気が出始めたタイミングで『ホテルに行こうよ』と冗談気味で誘うと『良いよ』と返事が!

想定外でしたが引き下がれず店を出てホテルへと向かいました。

歩いている時も側から見ればカップルに見えたのかも知れません。
俺の右腕にしがみつく様に甘えてくる女性の姿がそこに有りました。

彼氏と別れたばかりの女性とベロチューしまくり



『彼氏と別れたばっかりで正直寂しい』とポツンと呟いた女性の表情は少し寂しそうに見えてしまいました。

部屋に入った瞬間、爆発した様な感じでキスの嵐が襲って来ました。
息が出来なくなりそうで、それでも愛情を確かめるが如く、舌と舌の絡み合いと喘ぎ声が更に増しました。

このままではリード出来ない!と思った俺は女性の胸を揉んで『ああん!』と感じた瞬間に立場を逆転させ、こちらが主導権を握る様に責め始めました。

キスと乳首責めをしている内に感じ続けていたのか、体の反応がビクンビクンとしていました。
興奮した俺はアソコにてを伸ばしてみると洪水の様に濡れていました。

激しい手マンで責めては『イ、イクう!』と潮吹く女性を20分間連続でイカせ続けました。
実はMだった女性、Sだった俺の事実が判明した瞬間でも有りました。

ディープキスしながらピストン



グッタリしている女性を休ませない様に、そのまま挿入。

イッたばかりで敏感なのか、動く度に喘ぎ声が大きくなっているのが分かりました。
中の締まり感も求める様に離してくれません。

バックから責めてはお尻を叩いて、ひたすら打ち付けては快感を得ていました。
最後は正常位でディープキスをしながら更にピストン運動。

生ハメだったので外に出そうとすると女性の足が離さない様にロックされ、そのままフィニッシュ。
長い時間出ていたのが分かりました。

その後も休憩を挟みながら朝までSEXをしていました。
その女性とは付き合っていると言うよりも身体の関係で定期的に会っています。

デートらしいデートもしていたりするんですけどね。
個人的には彼女になって欲しいのは否めないのですが、まだ言い出すタイミングを見計らっています。


今回利用した出会い系アプリ:ハッピーメールを詳しく見てみる