対面座位

私はもともと、あまり男遊びをするようなタイプではなく、就職で1人で神戸に住むようになってから知り合いがいませんでした。
ですから、職場以外の人と会ってみたい!!!(もちろん性的な欲求もあった)と思い出会い系に登録しました。

するとすぐに沢山のメッセージが入りました。
その中にアメリカと日本のハーフ男性がいて、私は今まで純日本人の方としか経験なかったので、色々と、興味が湧いてその男性に連絡しました。

自称ハーフとの出会い

するとすぐに返事がきました。

「なんか普通の子っぽいけど、こういう出会い系してる男の目的とか分かってる?」
わー、単刀直入、なんというか、さすがハーフ。

分かっていないわけがないというか、暗黙の了解なものだと思っていたので、分かっていると返信。
そしてやりとりはLINEに移行。

どうやら彼は宝塚付近に住んでいるらしく、仕事が終わった後、そちら方面の駅で待ち合わせ。
『ついた。』と連絡すると、『少し待ってて』とのこと、写真のお顔は可愛い系ハーフにだったけど、実際どうなんだろーとか思いながら待っていました。

「はじめまして。」

目の前にそれらしき人が前に現れました!!!
感想!顔ほとんど日本人やん!!です。笑

角度によったら外人っぽいけど!あと少し太りぎみ?笑

デブではないけど柔らかそうな身体つきでした。身長はざっと、175センチくらいかな?
初めてネット上の人と直接会ったので、写真から連想してたのとの落差に少し残念な気持ちになりました。笑

2人で歩きながら普通に話していると、信号待ちのときに急に彼が私の胸を触りはじめました。
突然のことに驚きましたが、実はわたし胸がすこし大きくて(厳密に言うとHカップ)、気になって触っただけかも!と自分を納得させようと思ったのですが、

彼が「ふーん、なるほどね、ブラに助けられてる感じ?」と言われました。

カチーン!ときたので、彼のすねを思い切り蹴りました。もともと胸がが重さで下がりやすいことを気にしてたので。つい思い切り蹴りました。

「大人しい感じかと思ってたらそんなことするんや!笑」と何故か彼は大ウケ。
道中は肩を抱かれたり、頭を撫でられたり、そいいう時の触り方はとても優しくて好きでした。

そんなこんなで歩いていたら彼の家につきました。

若いのに一軒家に住んでいるようです。ハーフの感覚分かんないな。

というか、急に家上がって平気なのか私!!
と思っていたけど、気づいたら二階のリビングのソファーに座り、テレビを見ていました。

ハーフ男性からのいきなりのキス

ハーフ キス 体験談

飲み物を出してくれて、安心してのんびりしようとしていたら、急に強い力でソファーに押し倒されました。

「え、まって。もうですか?」
「いや、家まで来たら当たり前。」

そのまま両腕を押さえつけられ、上に乗られているので、完全に身動きがとれません。
口の大きな彼に何度も深いキスをされました。舌も大きくて奥まで入れられ、口をふさがれます。

苦しくてすごく気持ちいい。

身体を舐められながら服のボタンがひとつずつ外されていきます。
初めて会った人とする背徳感と身動きがとれない拘束感で今までにないくらい濡れてきた。これ、、本気でやばいかも。

キスをされたまま、乳首をたくさんつねったり撫でられたり、もう限界でした。
初めて早く入れて欲しい。とおもいました。

そう思っていると太い指が入ってきます、

「あっ、、だめ、です。」つい声が漏れてしまう。

「こんなに濡れてるのに?笑」

すごく気分が高揚しました。わたしMなんだ。
そのまま指で奥を触られて、いかされて、ぐったりしていると、私の服を全て脱がせてから彼が自身もズボンを脱ぎはじめました。

(え。うそ、、。すごく大きい。あんなの入らないかも。)

下は外国人サイズなんだ面白いな。と考えていると彼がソファーに座り、「乗って。」といいます。

私はキスしたくて、彼と向かい合うように座り、また深いキスをしました。

キス中にいきなり対面座位セックス開始。

対面座位セックス 出会い系 体験談

上に乗るのも、彼を支配したみたいで興奮しました。キスに夢中になっていると、急に彼の太いものがはいってきました。

「こんなのはいらない、、う、、やだ!だめっ。。。」
「力抜いて。」

肩を上からおさえつけてきます。
犯されるってこういうことなんだ。私のものが彼の形になっていくのが、はっきりと分かりました。
一度、奥まで入れると騎乗位で、私の腰を両手でおさえつけたまま彼は激しく突き上げてきます。

「あぁ、、も、、だめ、、、。」

彼がじっと私の身体をみていて、すこし垂れた大きな胸が揺れて、、、恥ずかしさと気持ち良さで半泣きで、またイってしまい、、、

「またイったやろ?恥ずかしい顔。」

う、、、

「そろそろ俺もイかせて?立って。」

立ち上がると壁際に追いやられ、壁に痛いくらい手をおさえつけられ、また拘束、おもいきり深いキス。

「気持ちいいんや?分かりやすいな。M。」

といいながら私を壁の方に向かせ、バックで、、さっきより全然深い、、、、気持ち良すぎる。
こんなセックス本当に初めてでした。奥までかき回されて、どうしても喘ぎ声が大きくなってしまいます。

すると、後ろから大きな手で口をふさがれ、耳元で優しい声がします。

「しーーーーっ、聞こえる。1階にいま友達、住んでるから。」

嘘、もう聞こえてるんじゃ、、
優しい声とは裏腹に、さっきより激しく深く突きながら、口を塞いでた指が、口の中に入ってきます。
もうだめ、またイきそう、、、。

すると彼も、「ごめん、もう、イく。」と言って、私の体の外に出しました。
されるがままで、もうぐったりで、セックスってこんなに気持ちよかったんだ、と思いました。

それ以降ハマってしまってたくさんの男性と会っていますけど、彼の身体が忘れられなくて、今でも関係が続いています。

その中で、彼とのセックスの最中に彼の友達に「聞こえてて、ムラムラしてきた、ヤらせろ」といわれ襲われそうになったり、夜の公園で犯されたり、カーセックスしたり、本当に刺激的過ぎで、離れられそうにないです。


今回利用した出会い系アプリ:PCMAXを詳しく見てみる