アブノーマル 体験談

社会人になり、彼氏もできなくて困っていた時の話です。私はもともと男運がなく、よく都合の良い女扱いをされていました。

しかし、私は恋をすると一途になりその人しか見えなくなるのでそれでもよかったタイプの人間でした。

ある日、あまりにも出会いがなく人恋しかったので「ワクワクメール」というサイトに登録してみました。
登録するまではすごく悩みましたが、「何かあれば辞めればいいや!」と思い思い切って見ました。

すぐに男性から連絡が来るようになり、気になる人を厳選し返信をしました。
2歳年上の美容師の男性と連絡をとるようになり、彼から「ライン教えて。」と言われてラインを交換しました。

初めての電話エッチ

電話エッチ 体験談

ライン交換後は、毎日のように「おはよう。」から「おやすみ。」まで連絡をしていました。
深夜になると少しエッチになり、彼から「おっぱい見せて。」などと言われることが増えました。

初めは恥ずかしかったですが、彼から「好きだよ。」などと甘い言葉を言われるうちにその気になり、写真を送りました。
送った後は返信が来るまですごくドキドキしました。

「これで何も言われなかったらどうしよう」「連絡取れなくなったらどうしよう」と後悔もしました。

しかし、すぐに彼から「すごいきれいな身体。」「もっと見たい。」などと返信がきてすごくうれしくなりました。
それから身体の写真を送るのにあまり抵抗がなくなりました。

しかし、ネットにもしも拡散されると怖かったので絶対に顔は送らないようにしていました。
「女性器を送ってほしい。」と言われたときはすごくドキドキしました。

送るか迷いましたが、胸や足など下着姿をさんざん送った後だったので私も止められず送りました。
彼から「すごい濡れてる。」「可愛い。なめたい。」など言われてどんどん熱くなりその日は、ラインの無料電話で電話エッチを初めてしました。

電話は何度かしたことがあったのですが、彼も自分でしており漏れる声がすごくセクシーでした。
終わった後に彼から「我慢できない。入れたい。会えない?」と言われました。次の日休みだったこともあり、それを承諾しました。

おっぱいを噛まれて感じる私

おっぱい 体験談

会うまではドキドキと後悔とですごく落ち着かない時間を過ごしました。
車で40分ほどの距離だったので彼が来る間に部屋の掃除とむだ毛処理を入念に行いました。

長かったのか、短かったのか分かりませんが彼が家に到着しました。
第一印象は「イケメン!タイプ!!」と思いました。すごくかっこよく私の好みだったので一瞬で恋に落ちました。
彼は初めは恥ずかしそうでしたが、テレビを見ていると少しずつ近寄ってきてキスしてくれました。

どんどんキスが深くなり、手が胸の方に・・・。「あっ」と声が漏れると彼は「可愛い。もっと聞かせて。」と言われました。
すごく気持ちよくて、ブラジャーを外されおっぱいを舐める彼をどんどん好きになりました。

「おっぱい本当に大きいね。すごいいい。」と言われて、私の唯一の長所はバストがFカップあることだったのですごくうれしかったです。
どんどん胸を揉む手と舐めるのが激しくなってきて荒々しくされるのが好きな私はもう止められませんでした。

彼はおっぱいを噛んだり強くひっぱたりして弄んでいました。
声がどんどん大きくなる私に「いじめられるの好きなの?かわいい。どんどんいじめていい?」とにやにやしながら言われ「お願いします。」と言いました。

すると彼は下半身を触り「もうぐちょぐちょじゃん。」と言い汁を全部舐められました。
「どんどんでてくるんだけど。我慢できないから、俺のも舐めて。」と彼は仁王立ちになり陰部を私に加えさせました。

フェラ、バック、ベランダ、お風呂エッチ。首絞めセックスで失神。

首絞め 体験談

私もフェラは好きだったので喜んでくわえました。ときどき漏れる彼の声がすごくエロくてどんどん燃えました。

次第に彼が私の頭を掴み、激しく奥までついてくるので涙目になりながら頑張りました。
すると彼は「やべぇ。犯してる気分。ケツ突き出して。」と言われバックでずんずん疲れました。

いやらしい音が部屋中に響き、私も声を抑えることが出来ずイッてしまいました。
「何イッてんの?お仕置き。」と言ってベランダに出されて手すりを掴まされ外で初めてしてしまいました。

夜中でしたが、隣の住人はまだ起きているのか、テレビの音が聞こえて「ねぇ・・・。ばれちゃう。」というと「お前が声出さなければばれないから。」と笑顔で言われもう我慢できませんでした。
どんどん溢れて彼もイクっといい中で出してしまいました。

溢れてくる彼の精子を見て「やばいわ。またしていい?」と言われ私も快諾。
一緒にお風呂に入り、お風呂でもう一回してしまいました。そのあと一緒に寝る前にもヤリました。

その時は、彼が私の首を絞めてどんどんついてくるので、気持ちいいのと気が狂いそうなので一瞬気を失ってしまいました。
彼が「おい!!」とほっぺたをたたくので起きて「大丈夫?」と不意に優しくされ私はきゅんとしてしまい、「もっと。」って言ってしまいさらに激しくしました。

朝も2度ほどアブノーマルなプレイが続き、はじめて潮を吹いたりとすごい一日になりました。
彼とはそのまま身体の関係だけでしたが、あんなエッチは一生できないのではないかと思います。

今もワクワクメールには登録しており、実は数人と関係を持っています。
辞められそうにありません。


今回利用した出会い系アプリ:ワクワクメールを詳しく見てみる